Contens
信じがたい民族性  
偽証に悩む韓国の法廷 朝鮮日報記事 (2009年8月19日)
朝鮮日報社説  (2010年2月2日)
日本海呼称問題 ニューヨークタイムズ広告 (2009年5月11日)
聯合ニュース配信 (2006年1月22日)
1. 『竹島』はSF条約締結にともない日本領土  
SF条約締結で確定
ラスク書簡
韓国に領有根拠なし
2. 1905年、『竹島』を日本領土に編入は有効  
朝鮮は『竹島』を認識していない
『竹島』を領土編入
領土編入は有効
勅令に『独島』の記載なし
3. 『独島』の領有権を示す史料が皆無の韓国  
ここにも独島、あそこにも独島
「于山島=独島」の主張は無理
日本人には理解不能
独島が見えるヨ
『独島』は国内統一の要(かなめ)
4. 日本が『竹島』の領有権を放棄した史実なし  
領有権を争うならば、対象は鬱陵島
竹島・松島の島名混乱
『松島』は何処だ
内務省の、苦渋の決断
『竹島』は太政官指令「外一島」ではない
5. 『竹島』の領有権は、安龍福とは全く関係なし  
ホラ吹き 安龍福
韓国の超英雄 安龍福
安龍福の「言葉」にすがる
珍妙な論理「歴史的事実」
于山島=倭の松島?
本当の「歴史的事実」
領海は政府間の合意
安龍福が語る松島は『子山島』
韓国側の反応
補足説明A    
李承晩大統領の戦略 朝鮮戦争の裏で李ライン
SF条約草案の経過 SCAPIN(連合軍最高司令部訓令)
補足説明B    
『万国公法』 坂本龍馬
『竹島』の名 島名の混乱
大韓帝国勅令第41号 鬱陵島の管理
皇城新聞記事(1905年6月1日付) 日本海海戦(日露戦争)
皇城新聞記事(1906年7月13日付) 鬱島郡の配置顛末
補足説明C    
『三国史記』 朝鮮の古文献
『高麗史』 朝鮮の古文献
『世宗実録』地理志 朝鮮の古文献
『東国輿地勝覧』 朝鮮の古文献
産経新聞記事(2007年5月5日付) 独島博物館
聯合ニュース記事(2008年9月12日) ダンビルの古地図
鬱陵島から独島を撮影 韓国公開の写真
補足説明D    
「朝鮮国交際始末内探書」 明治3年史料
照会文(地理寮→島根県) 明治9年史料
回 答(島根県→内務省) 明治9年史料
伺 い(内務少輔→右大臣) 明治10年史料
太政官の指令案 明治10年史料
「由来の概略」 『竹島』の扱い
『磯竹島略図』(大谷家図面)
空島政策 鬱陵島をめぐる日朝遣り取り
竹島一件 鬱陵島の扱い
補足説明E    
産経新聞記事(2010年8月23日) 古地図発見
聯合ニュース記事(2010年8月24日) 韓国側反
一部メディアの反応 韓国側反応
保坂 祐二氏 韓国側理屈
朝鮮が記した国土の東限    
ラスク書簡    
ラ ス ク 書 簡 『竹島』について米国意図
ヴァン・フリート特命報告書 『竹島』について米国意図
独 島    
独島は我が領土(歌詞) 国民の愛唱歌(洗脳歌)
同胞虐殺の歴史 光州事件など(虐殺20万人以上)
安龍福    
安龍福 最初の来日 (概略)
安龍福 2度目の来日(概略)
『村上家文書』 日本の史料
『粛宗実録』 朝鮮の史料