2.  日本編入は有効  「竹島」全体の目次  C.  朝鮮史料と新聞記事  4.  領有権放棄の史実なし




『独島』の領有権を示す史料が皆無の韓国
 


ここにも独島、あそこにも独島
  そもそも「独島」という島名自体が日本の『竹島』調査の報告書によります。
朝鮮では鬱陵島の古地図さえ正確なものは1枚もなく、「鬱陵島図形」(1711年)に見られた鬱陵島南の4〜5小島(存在しない)は、検証なしに転写され続けたせいでしょう、1900年の地図まで延々と同じ間違いが続きます。
鬱陵島には日本の漁民が多数渡っており、鬱陵島の地図は何枚も日本にあります。


  「独島」(=『竹島』)にいたっては、朝鮮にはこの島を描いた地図は1枚もありません。日本にとっては、鬱陵島に渡る途中の巖礁ですから、何枚もあります。
韓国は、朝鮮王朝とは関係のない民間人・安龍福が偽証で述べた言葉「于山倭所謂松島」(松島=現在の『竹島』?)を論拠として、独島=于山島(独島→竹島→松島→于山)を言い出しました。古い話ではありません。日本が敗戦した後のことです。
そして于山島が記された文献を漁り、于山島を見つけては、ここにも独島が出ている、あそこにも独島が出ていると言い始めます。
 

(左2枚は朝鮮、右が日本の地図です)
 
  韓国政府のウェブサイトでは、于山島について「獨島の古地名である于山島」と論証なく勝手に決めつけています。つい先日までの公式ウェブサイト「Korea.net」には、「新羅は鬱陵島と独島を領土にした于山国を512年に併合した。その時から公式的な文書に『独島』という名前が登場する」などといった嘘を堂々と述べていました。『独島』という島名なぞ、何処にも全く登場しません。
  更に、幾つもの文献を列挙した上で、「その他多数の文書により、于山島が独島の昔の名前であったことが証明される。これにより20世紀初めまでの数世紀間、于山島が現在の独島を指していたことがわかる」と断定していました。
 滑稽さを通り越す、馬鹿馬鹿しいほど飛躍した断定です。
 
 上記はH21年版ですが、何とこの国は今も同じ言葉を並べています。新たな事実(珍説?)もないようです。
                                                      (H28年7月)
    
 



「于山島=独島」の主張は無理
  朝鮮半島に残る最も古い文献史料は『三国史記』です。1145年の編纂ですから、日本では平安時代の末期、平氏が台頭している時代です。これが韓国最古の文献史料です。この『三国史記』の巻第四『新羅本紀』に于山国のことが書かれています。
「智証麻立干13年(512)夏6月のこと。于山国は新羅に服属し、毎年土地の産物を貢いだ。于山国は溟州(朝鮮半島東岸の地名)の真東の海にある島で、別名を鬱陵島という。百里四方ある」と述べてあり、鬱陵島が当時は于山国という国で、于山国が新羅に服属していたことが分かります。
が、于山国と『独島』の関係は全く分かりません。
韓国の政府見解(過去のKorea.net)では「512年から于山島=独島」としていますが、于山島という島名の初見は1417年の『太宗実録』からで、512年に出て来るのは于山国です。 


 「于山島=独島」には無理があります。于山島が描かれた古地図は朝鮮には確かに多数あります。しかし、どの地図でも、于山島は鬱陵島に隣接or並列しており、鬱陵島の南東92Kmに位置する独島(=『竹島』)とは明らかに異なります。古地図に見られる于山島の大きさも、鬱陵島より小さいものから同じ位まで多種多様で、また位置関係は鬱陵島の東西南北まちまちです。その于山島は独島(=竹島)のように2島(男島・女島)に分かれてもいません。明らかに別島です。鬱陵島や竹嶼(鬱陵島の側島)の別名を于山島と明記した文献や地図もあります。とても、于山島=独島 とは断定できません。寧ろ、于山島は独島とは異なる島と断定できる程です。
 
 
 
 (6枚とも朝鮮の地図です。 于山島は、独島(竹島)とは明らかに異なる位置に描かれています) 
 



日本人には理解不能
  韓国には独島の領有権を示す文献・地図は全くありません。
文献史料が自国には全くないのですから、元々乏しい史料から歪曲解釈を捻り出すか、日本の史料で都合の良い部分を探し出すしかありません。鬱陵島の領有権について江戸幕府と朝鮮王朝が談義をして幕府が鬱陵島への渡航禁止(紛争回避)を出した史料の解釈をエスカレートさせて、日本が松島(=『竹島』,独島)の領有権放棄したと主張しています。
ならば、独島を領土と認識(再確認?)したという自国の史料が本当にあるのかと言えば、これは全くなし。他人の褌で相撲をとろうとしているだけです。日本の史料頼みで、自国の領有権に強引に結びつけているのです。
(仮に日本の放棄があったとしても、それが即、韓国の領有権を意味するものではありません。無主地の状態かもしれませんし、ロシアの領有だってあり得ます。第一、議題は鬱陵島の領有についてであって、松島という岩礁が議題に上ったことはありません) 
 
  嘘をつけば嘘の上塗り、屁理屈述べれば屁理屈の上塗りが必要になります。無理をするから、独島博物館のレリーフも、元図(『東国輿地勝覧』所収の「八道総図」)を改竄せざるを得なくなるのです。
元図は于山島が鬱陵島の西側(朝鮮半島側)ですが、独島が南東のために、于山島を東側に描き直した訳です。于山島=独島を強引に主張したいだけに、于山島を少しでも独島に近づけたいという強烈な願望がそうさせたのでしょう。


  産経新聞の記事(平成19年5月5日)によると、博物館側が「撤去することを明らかにした」とのことですが、今(H21年)も撤去されずに現存しているようです。
日本人にとっては「改竄は文化財への冒涜」でもあり「虚偽展示は罪悪」といった倫理意識がありますが、これが韓国であり韓国人なのでしょうか。
日本民族との明瞭な相違点の一つです。


  改竄して展示している独立記念館のその後の説明が振るっていました。「八道総図」で于山島が鬱陵島の西側になっているのは、編纂者が「于山島(独島)の領有意識をより強力に表示」しようとした熱意の表れで、レリーフは正しく修正したものだとのことでした。1531年に編纂の地図についての解釈です。
彼等を相手にすると、当方の頭の方がおかしくなりそうです。
 
  平成20年(2008年)9月12日に韓国の聯合ニュースには、276年前のフランスの古地図が寺院で見つかり、その地図は「独島が韓国の領土であることを示している」と報じました。古地図も掲載されました。
ただ、独島(=『竹島』)は地図の範囲外で載っていません


  地図の製作者ダンビルは中国の地図(朝鮮が含まれている)を参考に作ったらしく、地名や島名は中国語発音をアルファベットで表記しています。そして、鬱陵島の南西に間違えて実在しない島を書き込んでいます。それが、于山島です。どうやら、聯合ニュースはこの于山島を見て、島名から独島を連想し、独島がここなら当然韓国領であろうと判断したようです。276年も昔に、遠い遠いヨーロッパの国フランスの地理学者が、既に独島を知っていたのだと。
  普通にこの地図を見れば、単純に「于山島が独島ではないことを示した地図」と思うのですが。 精神医療の世界を彷徨っている感覚です。
 



独島が見えるヨ
  于山島が描かれた古図では、于山島はすべて鬱陵島の傍らに隣接or並列してあります。于山島が鬱陵島から92Kmも離れた『竹島』(=独島)と主張したい韓国は、『世宗実録』(1454年)の「于山・武陵(=鬱陵島)の2島は互いにそれほど遠くなく、天候が清明であれば望み見ることができる」の記述から、「鬱陵島の傍島ならば天候に関係なく見えるハズ。天候が清明な時に初めて望める島となれば、独島しかない」と主張し、鬱陵島から独島(=『竹島』)を撮した写真まで公表します。


 「ホラ、見えるだろ!! だから、于山島=独島なんだよ!」ということです。 ただ、『東国輿地勝覧』(1481年)には、もう少し詳しく書かれています。
「天候が清明であれば、峰頭の樹木及び山根の沙渚を歴々と見られる」と。更に、「一説に、于山と鬱陵は本来一島だと言う」とも。


 于山島=独島は、明らかにあり得ません。
 



『独島』は国内統一の要
  「于山島=独島」と決めつけることで、歴史的に「独島は領土認識されていた島」の証拠に結びつけようとしますが、全然違うのですから、次々と矛盾が露呈します。しかし韓国としては『独島』の嘘は押し通さねばなりません。『独島』は反日のシンボルであり、『反日』こそが国内統一の要(かなめ)だからです。


  日本人から真実を報されることで『独島』パワーが失せることを韓国政府は最も怖れています。そこで、幼少時から徹底した洗脳教育を行います。『独島は我が領土』の歌を幼児から覚え込ませます。リズムやテンポの良さもあり、子供から大人に至るまで国民最大の愛唱歌になっています。
特に、1番の歌詞「誰がどれだけ自分の領土だと言い張っても 独島は我が領土」のフレーズが重要です。日本人の言葉に耳を傾けさせないためにです。そして、「日本人は嘘を教えられている」と吹聴します。「日本人は嘘つきだ」とも。
 
 
  (普通の国では考えられない、韓国における徹底した洗脳教育)
 
  日本の統治を離れて(1945年8月)、朝鮮半島の南側に大韓民国の樹立を宣言(1948年8月15日)しますが、同じ民族同士の虐殺の始まりでもありました。済州島四三事件(1948年)、国民保導連盟事件(1950年)、国民防衛軍事件(1951年)等々、そして更に光州事件(1980年)と、同胞虐殺事件が続きます。


  韓国内には、こうした事件の被害者の親族が多数いますし、一方、虐殺した本人あるいはその親族も同じ韓国の国民としています。
内部的怨念を封じるためには、共通の敵、しかも不倶戴天の極悪な敵が必要です。それが日本であり、その象徴を『独島』にしました。
韓国にとって国民統合のために、『独島』はなくてはならない存在なのです。
  韓国政府は常に、『独島』に話題を集めることで、全国民が共有できる愛国心を盛り上げたいと考えているのです。


  しかし、「独島の領有を主張可能とする史料が韓国には皆無」は、厳然たる事実です。
 
 




 2.  日本編入は有効  「竹島」全体の目次  C.  朝鮮史料と新聞記事  4.  領有権放棄の史実なし




★ この頁と関連する頁     (H28年7月追加項目)